カテゴリー: エンサガ

今頃エンサガ4章『アーカシック・バベル編』考察と妄想

サ終して2年経つけど今私の中で最高潮に燃え上がってるので今頃エンサガ4章のアーカシック・バベル編をトウジとマカを中心に考察というか妄想する
トウジ×マカ者の書いた文章なので注意だ

自分の創作のためのまとめでもあり、記憶に頼るところもあるので、まっっっったく個人的な考察や妄想を含んでいるので解釈違いや間違いもあるかもしれない

トウジの親父と白月

白月姫がトウジの親父のこと好きで、トウジの親父は妻子ありを理由に白月をフったことがあるという妄想よく考えたらリンス滅ぼしたのはトウジの親父だしだいぶヒデーなでも使命を果たすために自分を好いた女がいる国をも滅ぼすというのもエモい白月が常々蓮華にこういう男を好きになってはならんと説いた男像がトウジの親父≒トウジだったらさらにエモエモエモのエモ

単発ネタ11~19

ほぼトウマカ(エンサガ)の単発ギャグトウジがマカと性欲に振り回されているでもトウジは塔を攻略するまでは食いしばりすぎて奥歯が割れるほど耐えて理性で性欲を抑える男だ愚直に順番を守ろうとする男だその実直さとバカがつくほどの誠実さがマカの心を捕らえるんだ